スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

嫌われると期待値は下がる

パチスロの収支(結果)は、期待値×稼働時間で計上されます。

出来る限り期待値を上げて、稼働時間を長くするのが勝ちにつながる最も合理的な戦略です。勝ちたいのなら、この両方の要素を向上させるべく、幅広く、視野を広げて立ち回る必要があります。

そこで一つ気にしてもらいたいのが「嫌われない」ということです。


お店に嫌われてしまうと、自分が狙う機種や、台の位置を把握され、意図的に高設定の位置をずらされます。

他のお客さんに嫌われてしまうと、出ているいい台をやめるときでも、隣に座っているあなたには絶対に譲りません。わざわざ遠くに座っている人に声をかけて、譲ります。

お店もお客さんも、あなたを負けさせることは出来ませんが、勝ちにくくすることは出来るのです。
つまり、嫌われてしまうと、期待値が下がってしまうのです。

自分から努力して、お店や他のお客さんに気に入られる必要はないのです。とにかく人畜無害なお客さんの一人であることが、最も有利なポジションなのです。

では、嫌われる行為とはどういうものでしょうか。

①ハイエナ目的でウロウロする
店員から見たら非常に邪魔ですし、狙われた台に座っているお客さんは、気分悪いです。

②変な姿勢で座る
台に足を置いたり、椅子に片ひざをあげたりすると、隣りのお客さんは嫌がります。(なんだコイツくそ態度悪いな)と思ってしまうものです。面接のときのように背筋ピーンとする必要はありません。リラックスして普通に座ればよいのです。

③空き台に座る
空き台に座るといずれ注意されますが、注意するのもイヤなもんです。繰り返すと非常にまずいです。打ちたい人も座れません。連れの人に声掛けるなら数分の談笑で済ませましょう。

④レバー強打、台叩きをする
状況によっては一発退場もありえます。カルシウムをしっかりとっておきましょう。

⑤閉店の放送が入ったあとも、打ち続ける。
ART中の人に特に多いです。回せば少しでも確実に出るという考えは分るのですが、店員に止められるまでに獲得できる枚数はたかだか数十枚です。印象を悪くして得るリターンとして割に合いません。

以上のような行為は、嫌われる行為=期待値を下げる行為です。本当に勝ちたいのならば、控えましょう。

世間とは乖離した存在である、スロプロも意外とメタ認知は必要なのです。稼働時間を延ばし収益を増やしたいと考えているのなら、回りにどう見られているか、気にする必要があります。


スポンサーサイト

2012.07.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | スロで勝つ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

natsuken

Author:natsuken
元スロプロ、現在設定師の夏祈鍵次です。コメント・トラックバック歓迎です。

natsukenのtweet

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。